リレーサーバーの利用によるコスト

###Site Name###

外部のリレーサーバーを利用するためには料金を支払うことが必要となりますが、実際にはどれくらいのコスト効果があるのでしょうか。


まず支払わなければならない料金があるということから、増えるコストはあります。



配信料によって支払う料金は異なりますから、どれくらいの配信を行うのかを把握した上で、料金がどれくらいになるのかを把握する必要があります。次に、削減できるコストについてです。

社内でメールサーバーを運用するためには様々な事を自社で行う事が必要となります。まずハードウェアとしてのサーバーの管理が必要となってきます。

メールサーバーを購入することも必要ですし、その周辺に必要な機器をそろえることも必要となります。

zakzakをわかりやすく説明しています。

セキュリティのしっかりしている空間を準備し、サーバーを冷やすための空調設備を整えることも必要です。
外部のリレーサーバーを使えば、これらは削減できると言えるでしょう。
人的なリソースについても削減が可能です。

iPhone7の発売日の情報をご説明します。

常時の運営をする事が必要な場合もあると思いますが、このような場合には障害が起こったときのために常に人材を配置しておかなければなりません。

このコストだけでもかなり大きくなると言わざるを得ないでしょう。


リレーサーバーを利用すれば、外部の業者が常に管理を行ってくれますから、24時間の人材配置は必要なくなります。


このように、リレーサーバーを導入することによって削減できるコストは色々とありますから、総合的に見れば安くなると考えられます。